シュネーベルガー位置決めシステムへのCFRPコンポーネント採用

シュネーベルガーの製品にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。お客様のニーズと、私たちの提案できるソリューションに関して、詳しい話し合いができるよう、ご連絡をお待ちしています。お客様のご要望をお聞かせください。

シュネーベルガー位置決めシステムへのCFRPコン
ポーネント採用

シュネーベルガーは、位置決めシステムをウェーハ製造ユーザー向けに開発。 ユーザーからの高い仕様要求に対応する為、様々なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用したソルーションを開発。

例えば新しいダブルガントリーシステム。特徴は、各軸の配置及び複合材料の採用により、位置決め速度が従来のシステムにくらべ倍増。

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)採用により、極めて動的な高精度軸を実現

半導体製造は、クリーンルーム内でシリコンウェーハ上に幾つもの露光工程を行います。

高い品質確保の為、幾つもの寸法検査を製造工程で行いそれらの計測検査寸法は20μm未満です。「このプロセスでは、ウェーハは下の計測機器に位置決め装置で移され、それらの位置決め装置の開発をシステムビジネスユニットがその役割を担いました。」

Systems 映画

お客様の要件:
高い信頼性と高い精度の製品。

当社のソリューション:
統合コントロールユニットを備えた短軸から高度に複雑なマシンまで対応します。

SCHNEEBERGER overview linear bearings and positioning systems

Article/Example of application

プレスリリース

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)コンポーネントの利点

  • 質量の30%軽減
  • 特定コンポーネント2.5倍の高剛性化
  • 固有振動数40%向上
  • 静定時間30%短縮

お問い合わせフォーム:

Adrian Raible


ご訪問のときはご予約ください。

Roggwil (スイス):
シュネーベルガーの本社、ビジネスユニット本部

ニュースレター

シュネーベルガーニュースレターをご購読いただければ、製品やイベントに関する最新情報をリアルタイムでお届けします。