ボール、ローラー、ニードルベアリングまたはニードルケージ装備の循環式ユニット

リニアガイドウェーと融合したベアングユニットにより、あらゆる方向への均等な負荷分担および省スペース設計が可能となります。

タイプ SK タイプ SKD タイプ SKC タイプ SR タイプ NRT / NRV
  詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
耐荷重性
走査特性 
剛性 
周囲の構造の精度と剛性に関する条件 
潤滑不要
高い動作温度 
  • レジェンド
  • 100%100 % ベストチョイス
  • 75%75%
  • 50%50%
  • 25%25 % グッドチョイス
  • 0%0%

 

ボールを装備したタイプSK循環式ユニットは、小・中負荷に適しています。これは、シュネーベルガータイプ RまたはタイプRDリニアガイドウェーと併せて使用されます。省スペース設計が作成され、あらゆる方向への均等な負荷分担に対応可能です。 同様に、タイプSKD循環式ユニットも緩衝エレメントを装備、向上したスムーズな走行を確実にします。 タイプSKC循環式ユニットは、シュネーベルガータイプRまたはRDリニアガイドウェーと併用制することで、無制限の走行パスを実現します。SKC循環式ユニットは、シュネーベルガータイプSKおよびSRローラーユニットと同様に設置されます。これは小・中負荷に適しています。コーティングスチール、セラミックおよび テフロン® ボールの組合わせは、乾燥状態での動作、真空、およびクリーンルームでのアプリケーションに最適です。 タイプSR循環式ユニットは、クロスローラーを装備しており、中・大負荷に適しています。シュネーベルガーリニアガイドウェーと併用することで、設置サイズはタイプSKと同様ながら、より大きな負荷積載能力および剛性を備えています。 タイプNRTローラー循環式ユニットは中・高負荷用で、2つの独立トラック、少ないローラー遊び、およびローラー長対直径の最適比率によって、横圧の最小化が実現しています。